2010年11月15日

名刺専用の用紙で注文するならドコ?

発行元は秀英舎(後の大日本印刷)の創業者である佐久間貞一が興した印刷雑誌社。印刷博物館(いんさつはくぶつかん)は、東京都文京区水道にある印刷に関する博物館で、凸版印刷のトッパン小石川ビル内に位置している。金属活字による印刷は13世紀 13〜14世紀の朝鮮(高麗)にあらわれている。印刷の歴史を知ることができるほか、活版印刷を中心とした印刷技術を実際に体験できる。印刷がカバーする範囲は極めて広く、気体以外の全ての物体に対して可能であるとされている(液体にすら印刷が可能)。 印刷会社(いんさつがいしゃ)とは、印刷を業務とする会社のこと。1891年2月、印刷技術の研究と啓蒙を目的として初代『印刷雑誌』が創刊された。欧州や北米では、名刺交換の頻度は低かったが、名刺 用紙の商慣習に合わせたり、メールアドレスの交換の必要から、近年では珍しくない光景になりつつある。現在も刊行を続けている。印刷インク業者の健全な発展を図り、文化および経済の発展に寄与することを目的とする。 印刷(いんさつ)とは、インク等により、紙などの媒体に文字や絵、写真などの画像を再現することを指す。
posted by 名刺カケルくん at 07:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。